ガラスの手入れは必要でありガラスの強化も大事

鳥などの飛来物から家を守るガラスはどれ?

加工が容易に行なえるフロートガラス
フロートガラスは他のガラスに比べて値段が安く設定されています。安いコストで設置することができるため、窓ガラスや家具などにも活用されるほど人気です。厚さが増すと強度がアップする特性があるため、最近では水槽などでも活用されるようになってきました。しかし耐久性はあまり高くないため、飛来物などが当たると簡単に割れてしまいます。
割れにくい強化ガラス
強化ガラスは割れにくさを重視したものであり、フロートガラスを熱処理した後にすぐ冷却を行なう方法で制作されています。耐久性は一般のフロートガラスよりも4倍程あり、よほど強い力で殴らない限り割れることはありません。万が一割れてもガラスの破片は粒状に砕け散るので、割れたガラスで怪我をしてしまう可能性は低いです。こういった安全性の高い構造にもなっているため、強化ガラスは主にインテリア家具やショーウインドーのガラス部分などに使われています。

ガラス修理後はガラスのケアが大事!

時間が経つとだんだん劣化する窓ガラス

ガラスは雨や風の影響を防いだり、日差しを遮って快適な室内環境を維持したりするのに役立っています。しかし長年利用しているとガラスは経年劣化によって傷ついてしまうので、住宅の窓は定期的にメンテナンスを実施しなければなりません。

窓ガラスの手入れを行なうメリット

ガラスをしっかりときれいにしておくと採光性が維持され、室内の明るさが向上する可能性が高いです。窓の見た目も美しくなるため、窓が汚れていると感じた場合はすぐに窓の手入れを行ないましょう。またガラスについた汚れを取り除いておけば、カーテンなどの設備に汚れが移るのを防げます。見た目が美しい住宅を維持していれば、空き巣やガラスの劣化を予防したりガラス修理の回数を減らしたりすることが可能です。

TOP_button