火災保険を活用したガラス修理で自費負担を減らす

ガラス修理にかかる費用

火災保険を利用する前に相場を確認しよう

破損やヒビが発生したガラスを修理する際は、修理業者にガラス修理の見積もりを依頼しなければなりません。ガラスの修理にかかる費用はサイズや厚さ、ガラスの種類によって大きく変わります。事前に見積もりを依頼し修理費用を確認しておけば、ガラス修理にかかる費用を余裕を持って準備することができます。

窓ガラスを修理する際の費用相場

一般的な窓ガラスのケース
一般的な窓ガラス修理を行なう際の費用は8000円程が相場になります。もちろんこの費用はガラス修理を依頼する業者によって変わります。業者によっては8000円以下の費用でガラス修理を行なっていることもあるので、事前に確認しておくと安心です。
一般的な窓ガラスよりも長さが倍のケース
修理費用は2倍程にまで膨れ上がることもあるので注意しましょう。またガラスの厚さが増すことでも修理費用は高くなるので、修理を依頼する際は複数の業者に見積もりを出してもらうと良いかと思います。ガラス修理の相場価格をきちんと把握しておけば、悪質な業者への依頼を防ぎ、費用を最小限に抑えることができます。

火災保険の申請方法

火災保険を利用して修理費用を支払う際は、まず保険会社に連絡して必要な書類を準備しましょう。また、見積書や領収書などの書類は、修理費用の詳細を確認するために重要なものです。大切に保管しましょう。

書類の準備も大切

男性

作業の詳細情報や割れた窓などの写真を書類と共に用意しておくと、どういった形で破損したのかを保険会社に明確に伝えることができます。こうした必要書類は修理を行なう業者にお願いすれば簡単に準備することが可能です。

取引の流れを確認

保険会社に連絡した後は修理を実施し、その後保険会社から修理費用を支払ってもらうのが一般的な流れとなります。これから保険金で破損した窓を修復する際は、こうした取引の流れをきちんと厳守するようにしましょう。

TOP_button