鳥の衝突を防ぐにはシートを活用するのが効果的

鳥がガラスにぶつかる原因と解決策

高層階のマンションだと、鳥がガラスに衝突してガラスが割れてしまうと聞きました。窓ガラスに鳥が衝突するのを避けための解決方法ってありませんか?
鳥が窓ガラスにぶつかってしまうトラブルは世界各地で発生しており、こうしたトラブルを防ぐには鳥にガラスの存在を認識してもらう必要があります。ガラスの表面にシールを貼っておけば鳥が警戒するため、ガラスに衝突する回数を大幅に減らすことが可能です。

窓ガラスにシールを貼る際のポイント

鳥

鳥がきちんと認識することができるようにするためにも、指定された距離以上はシールの間隔を離してはいけません。シールの間隔は横5センチ以上、縦10センチ以上は開けないのが鉄則です。ガラスに空などの風景が映ることを防いだり、夜間にビルのライトを消すようにしたりするなどが大事です。また、ビル周辺へネットを設置しておけば鳥がビルに近づくことを防げます。

ガラスと鳥の衝突を防ぐシート

鳥が窓ガラスに衝突するのを防ぐ方法をネットで調べていると、ガラス部分にシールを貼っておくのがとても有効だと知りました。その他にも鳥の衝突を防ぐアイテムってありますか?
ガラスの表面にシールを貼るには少なからず手間がかかりますし、少しでもシールの間隔が広すぎてしまうと効果を十分に得ることが難しいのも事実です。一般的なシールを貼るのに手間がかかると感じる場合は、衝突防止ウィンドフィルムというシートを窓に貼る方法がおすすめです。

衝突防止ウィンドウの特徴

衝突防止ウィンドフィルムには特殊インクが使用されており、フィルムに当たった紫外線が反射するような作りになっています。そのため鳥がこのフィルムのついた窓を見ると、実際の風景では無いと区別することが可能です。またフィルムによって生じる赤外線の反射は人には見えないため、フィルムや窓をまぶしく感じたりすることはありません。フィルムのデザインにはバリエーションがあるため、どのような窓でもおしゃれな雰囲気を演出することができます。フィルムは接着剤などを使わずに水などで貼れるほか、簡単に剥がせるようになっていてとても便利です。

TOP_button