ガラス修理を依頼しておくと割れた窓や鏡を修復することができる

ガラス修理と火災保険の関係~修理費用を抑えるコツ~

作業中の男性

窓ガラスを損傷させてしまった時は、個人の費用を使って修理を実施することが多いです。しかし、ガラス修理に必要な費用を火災保険で補償してもらうことができます。まずは火災保険の補償内容を確認してみましょう。

飛来物で窓ガラスが割れた!少しでもガラス修理費用を安くしたい

風災
台風や突風などの災害が発生すると風圧で窓が割れてしまったり、飛来物がぶつかったりすることでガラスにヒビが発生してしまうことが多いです。ガラス修理を先延ばしにして破損した状態を先延ばしにすると、住宅に大きな悪影響を与えてしまいます。しかし火災保険はこうした風による被害も補償してくれるため、窓ガラス修理費用を支払う必要はありません。
突発的な事故
模様替えや引越しなどを行なう際は住宅内の家具を移動させることになりますが、人によっては家具を倒してしまい窓が割れてしまうことがあります。こうしたトラブルにも火災保険は利用することができるため、修理費用の支払いは不要です。また、子供が遊んでいて破損させてしまった場合や、熱割れで起きたヒビなどにも適応されます。
飛来物による衝突
一般的な住宅では、外で行なわれていた野球やサッカーなどのボールが窓に当たり、ガラスが割れたりしてしまうことがあります。こうしたトラブルが発生しても火災保険に入っていれば、ガラス修理費用を保険でまかなうことが可能です。また鳥がぶつかったことによる破損にも適応することができるので、火災保険は急なアクシデントにも役立ちます。

鳥は飛来物扱い?修理時の補償内容

窓ガラスに鳥がアタック!よくある事例を紹介

鳥が窓ガラスにぶつかってきた!(30代/女性)

マンションの高層階に住んでいるのですが、以前窓ガラスに鳥が勢いよく突っ込んできてびっくりしたことがありました。鳥は幸いケガもなく無事飛んで行ったのですが、肝心の窓ガラスにヒビが入ってしまいガラス修理をすることになりました。

鳥の衝突による補償

鳥は窓に映った景色と実際の景色を判別することができないため、飛行中に窓ガラスへ衝突してしまうことがあります。こうしたトラブルによってガラスが割れたりヒビが生じたりしてしまっても、火災保険は保険金を支給してくれます。火災保険には外部からの飛来物や衝突に対する補償が用意されているので、修理費を自己負担する必要はありません。

保険適用の流れが分からなくても安心!業者がサポートしてくれる

鳥が衝突したことが原因で窓ガラスが破損した場合、ガラス修理費用の一部を保険でまかなえると聞きました。保険を利用する際に準備しなければならない書類ってどのようなものがありますか?
火災保険の適用で窓ガラス修理する場合は、保険会社にガラス修理の見積書と領収書、作業の詳細情報や現場の状況写真などを渡さなければなりません。

業者が教える!~火災保険を簡単に利用するコツ~

ガラス修理で火災保険を利用するなら、上記で紹介した書類各種をそろえなければなりません。しかし知識がない人からすると、書類を集めるだけでも一苦労です。そんな場合はガラス修理業者の方に依頼をしておくことで、保険適用時に必要な書類を簡単に準備することができます。保険の利用方法がよく分からないという方は、まずはガラス修理業者に相談してみるといいでしょう。

ガラス修理で確実に保険を利用する方法

免責金額をクリアする工夫

笑顔の男性作業員

ガラスが破損してしまった場合に火災保険を適用する際は、修理費用と設定した免責金額を比較する必要があります。免責金額は保険を適用せずに自己負担で修理を実施する金額のことであり、修理費用の総額が免責金額よりも低いと、個人で修理費用を支払わなければなりません。そのため保険会社に保険金を請求する際は、災害やトラブルによって生じた被害をまとめて申請するのが最適です。こうした対応をとれば、免責金額を楽にクリアすることができます。

TOP_button